FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

表妙義 相馬岳

表妙義 相馬岳

期日 : 平成28年11月12日(土)
コース : 横川 =(タクシー) = 国民宿舎 - 見晴 - 覗き岩穴 - 茨尾根分岐 - 相馬岳 - タルワキ沢のコル - タルワキ沢出合 - 妙義神社 - 妙義ふれあいプラザ(もみじ湯) = 松井田

 相馬岳は登る前怖いところだとイメージがありました。思ってた通り国民宿舎からの登りは一つ間違えば大変なコースであった。
 国民宿舎は閉鎖となっていた。登山口にはこれより先の登山コースは、一般の登山歩道と異なり岩場を登るコースです。
 鎖場の通過には岩登りの経験と知識を必要とする危険な個所がありますので、一般登山者は入山を.遠慮してくださいと書かれていました。
 最初は杉林の中の林道を歩き、三つの小さい沢を越え急登して尾根に出た。ここから紅葉の木々の間から星穴岳が望めた。
背後に裏妙義の岩峰を見ながら細尾根を登り、小さな鎖場を通過すると見晴と言われるところに出た。ここから裏妙義の左から烏帽子岩、赤岩、丁須の頭が良く見えた。また、麓に国民宿舎が望まれた。
 見晴からは岩場のやせ尾根となり、鎖場を登ったり下ったりの連続で少しも気を緩めることが出来無かった。神経の張り放しだった。覗き岩では岩穴に相馬岳北陵の素晴らしい奇岩群とハサミ岩が額縁に入ったように納まっていた。ここからも下が切れ落ちた鎖場を登ったり下ったり又はトラバースを繰り返し最後に40mの鎖場を登ると茨尾根との分岐に着いた。ここからの鷹戻し、金洞山、星穴岳の眺めはすごい迫力だった。
 ここから、一旦下って登り返すと相馬岳の山頂に着いた。山頂からは360度の展望。裏妙義の烏帽子岩、赤岩、丁須の頭が良く見え、真ん前には鷹戻し、金洞山、星穴岳の連山に圧倒された。


(写真をクリックするとアルバム一覧にかわります。アルバム一覧に変わった写真をクリックすると画像が大きくなります。)



相馬岳山頂から鷹戻し・金洞山・星穴岳

コピー (1) ~ IMG_3659_2



国民宿舎から裏妙義

国民宿舎から裏妙義に岩峰


相馬岳登山口

相馬岳登山口

一般登山者の立入禁止の看板


小さな三つの沢を渡り急坂を登り尾根に取付く

IMG_3594_1.jpg


三つの小沢を渡り急坂を登り尾根に取付く


尾根に上がると樹林の間から星穴岳が見えた


尾根に取付くと樹林の間に星穴岳が見えた


紅葉


紅葉

裏妙義丁須の頭を振り返る

裏妙義丁須岩を振り返る


細尾根

細尾根

岩穴

岩穴


鎖場


鎖場

相馬岳北稜

相馬岳北尾根

覗き穴手前

覗き岩穴に手前

覗き岩

覗き岩穴

覗き岩

覗き岩穴




覗き岩


鎖場

鎖場

星穴岳

星穴岳


細尾根の岩稜帯と尖塔岩
細尾根と尖頭


鎖場下り

鎖場(下り)

トラバース(下は絶壁・岩は湿っている)

トラバース

分岐手前の40mの鎖場

分岐手前(40mの鎖場)


分岐手前(40mの鎖場)

分岐(相馬岳・茨尾根・国民宿舎)


分岐(茨尾根と相馬岳・国民宿舎)

相馬岳山頂

相馬岳山頂

相馬岳山頂


相馬岳山頂から

裏妙義烏帽子岩・赤岩・丁須の頭

浅間山・烏帽子岩・赤岩・丁須ノ頭


荒船山

荒船山


白雲山の岩壁

白雲山の岩場

タルワキ沢のコル

タルワキ沢のコル

タルワキ沢
タルワキ沢

タルワキ沢

タルワキ沢

タルワキ沢出合

タルワキ沢の出合


IMG_3603_1.jpg

第二見晴台より
第二見晴台より



大黒滝


大黒の滝

妙義神社


妙義神社

妙義神社

妙義神社



妙義神社



妙義神社


大の字

大の字

《K.M,M.M》






続きを読む

スポンサーサイト
プロフィール

llmmcc

Author:llmmcc
低い山を歩く会は1962年創設の山岳会です。
中高年を中心に、30代から70代まで幅広い年齢層の会員が、日帰りハイキングや夏山縦走、沢登りや岩トレ、雪山登山ま
で、オールラウンドに活動しています。
随時会員募集中です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。